■サイトマップ

『リフォーム』カテゴリーの投稿一覧

家作りが今と昔で変わった事に気が付いていますか

ito-pro 代表の伊藤でございます。

寒い日が続きますね。 現代の日本の家作りが夏向きの家から冬向きの家に時代が変わってしまった事を気づいている人はいるのだろうか?

20年程前に私も大工として修行を積みました。その当時家の作りは大手メーカーは冬向きに家を作り出しておられました。で、地元の大工さん達は時代に遅れながら家を夏向きに作っておりました。

当時、私も小僧時代に家を夏向きに作る側の小僧でしたが一気に冬向きへと発想が変わっていく事に違和感がありましたが・・・寒い家は嫌だし暖かい家がいいな~程度に考えておりました。
ついこの前迄、親方達は『冬寒い、体に厳しい健康住宅』 なんて冗談をいいながら家を作り・・・柱が蒸れると腐るから少しくらい風があたらないと・・・木は呼吸が必要って言っていたのにも関わらず、冬向きの家は気が付くと密封を始めました。時には壁、天井共にビニールシートを貼ってからボードを貼る事も・・・思いっきり家をラッピングしだしたのです。

その頃 平成15年に 突然の建築の法令・・・24時間換気を付けなさいと
また接着剤、化学物質の問題で新建材にホルムアルデヒド制限、化学物質制限がされました。F☆☆☆☆の表示のついた新建材しか使ってはいけないと・・・大工が使っている木工用ボンドまで元請け建築会社から調べられました。
訳もわからず緊急の法令に建築業界は慌てて動いていた事を今になって感じます。

家の気密化、冬向きの家に欠点が見つかりました。気密しすぎて病気になってしまう人が急増したのです。政府が慌ててとった対策です。
内装建材等に化学物質制限と24時間換気の義務化・・・
矛盾を感じますが家を冬向きに暖かくして換気扇で排出しろと・・・
訳がわかりません。
気密化が進んだ影響で、結露住宅の増加、シックハウス患者の増加、昔になかった病気の患者が非常に増えています。アトピー、カビアレルギーが・・・
私の子供の頃に聞かなかった病気が出来ています。
家を冬向きに作り出した事が新たな病気の患者が増えてしまったんだなと感じています。

以上の問題に気が付いた一人の長野県の大工さんが思いつき、作った家が夏と冬で衣替え出来る家・・・
気が付くと、その大工さんに賛同して大きな規模へと・・・
国の法律に跡を残す様な事までのぼりつめ、認めさせ、認可をもらっても・・・未だに今までの家作りが間違いだったと大手メーカーも政府も発表しない事に苛立ちを覚えます。

発表したら大変な事になる事くらいわかりますが未だに病気の患者が増えている現実に2020年に向けて家の省エネ化をすすめている日本です。
シックハウス対策の改善と『今までの25年間家作りを間違っていました』の発表をしないと大変な事に近づいています。今以上に家を気密させてシックハウス患者が増えてからシックハウス対策を練るって目に見えて先が見えてしまいます。
先進国ドイツも今の日本人は今後、もっと沢山のシックハウス患者が増える事でしょうと言っています。
先ずは病気対策を取ってから気密化にすすめて欲しいと思います。

大手家具量販店の安い家具には大量の科学物質が入っているのに・・・建築の内装材には制限が
おもちゃ、プラスチック製品、衣服等にも大量の科学物質が含まれているのに・・・気密化で共存させて病気になるのを黙ってみている事に嫌気がさしますね。

長野県の大工さんが気が付いた住宅の作り方を認めて認可をおろしたにも関わらず、大手メーカーの建物の批判になってしまう事が怖いのか
徐々にゆっくり以前の消費者に気づかれない様に家作りを変えていこうとしている様にしか感じられません。

この時代に生きる日本人にとって今すぐ家作りを変えて欲しいと思う。
株式会社ito-pro 代表取締役 伊藤昌悟

WB工法 安城市
WB工法 岡崎市
WB工法 刈谷市

リフォーム 安城市
安城市 リフォーム会社
リフォーム 岡崎市
リフォーム 刈谷市

安城市 リノベーション 工務店 リフォーム会社

安城市で住宅のリノベーションをご検討していてリフォーム会社 工務店を探していませんか
どうやってリフォーム会社をお選びですか?

リフォーム会社は年々と増え続けています。見積は3社はと言葉まで出ています。選べますか?

金額が一緒なら営業マンの感じがいいからになっていませんか?最終的にはそこになっていますね。

ito-proから一言です。『リフォーム、リノベーションにおいて、知識の無い経験が無いは致命的です。選ぶなら誰がプロかを見極めて下さい』

ito-proでは毎年沢山のリフォーム、リノベーションを竣工させています。厳選された少ないスタッフで小さな事から引き受けております。
大手と違いお客様に近い立場で修理から新築まで承っております。
『目先の利益より末永いお付き合い』を心がけ地域で一番の工務店を目指しております。
おかげ様で毎年沢山の方々からのお客様を紹介頂いております。毎年毎年、沢山の常連のお客様から声をかけて頂いております。年々増え続ける常連のお客様方
住宅を所有すると小さな困り事は日々積み重ねられて、ito-proへとご連絡を頂いております。
昨年は便器の交換、今年は塗り替え、来年は・・・と考えてくれている常連のお客様方に非常に助けられております。
知らぬ間に常連のお客様が何倍にも膨れ上がっています。
ito-proではリフォーム、リノベーションはもちろんですが修理全般等も非常に得意です。スタッフのほとんどが手に職を持ちその場で対応出来るエキスパートなスタッフばかりを揃えております。
安城市で地域密着型の工務店、リフォーム会社、建築会社です。

小さな事からコツコツと日々努力しておりますので、是非お声をかけて下さい。  伊藤

安城市 デザイン設計 設計事務所 建築家

安城市 デザイン設計 設計事務所 建築家は安城市のin.tec.s-design(インテックスデザイン)へ

株式会社ito-pro並びに一級建築士事務所in.tec.s-design(インテックスデザイン)の代表の伊藤と申します。
in.tec.s-design(インテックスデザイン)では所長の中根和彦の経験でよりよいご提案をお客様にご提案させて頂きます。
注文住宅、リフォーム、リノベーションにつきまして素敵なご提案が出来る事と思います。
ホームページ、ブログでご紹介している他にも沢山の事例をご用意しております。

また、in.tec.s-designの中根は岡崎市の住宅の耐震診断員のボランティアもしており、弊社でも住宅の耐震診断が的確に出来る事を強みにしております。

せっかくの住宅をリノベーションする際には耐震診断も必要ですね。是非、弊社にご相談下さい。
弊社は工務店と設計事務所を兼ねております。

デザイン性、構造、技術を備えている工務店、設計事務所です。
代表の伊藤もエネルギーエージェントとして断熱提案、断熱リフォームを得意としております。
エネルギー計算はもちろん大工の経験を活かしたご提案を的確にお客様にアドバイスさせて頂きます。

2020年に住宅のエネルギーの法律も変わります。
デザイン、構造、エネルギーを求められる時代へ入ります。全てを兼ね備えた工務店へご依頼下さい。
リフォームでもエネルギーに関して沢山の国からの助成金等も出てくると思われる時代です。エネルギーエージェント資格、一級建築士資格、耐震診断資格等を兼ね備えたito-pro、in.tec.s-design是非ご相談下さい。

デザインを追求 内装 外装 3Dでのご提案

ito-pro伊藤でございます。
弊社の沢山のデザインの実例は主に3Dパースでのご提案から始まります。
デザインを追求にあたりお客様との打合せ簡単な手書きだけでは伝わりません。
色の使い方やイメージを想像するだけでは理解しづらい事と思います。
弊社のご提案は3Dパースから空想の幅を広げていただきます。

IMG_4793

IMG_4792

以上の様にパースでご提案をし、いざ施工で完成しますとほぼ同じイメージで出来上がります。

IMG_4794

リフォーム、リノベーション、新築、注文住宅
是非、弊社迄お問い合わせ下さい

株式会社ito-pro
代表取締役 伊藤昌悟

安城市でリノベーションを検討する方々へ

リノベーション工事を検討している方々へ
株式会社ito-pro伊藤でございます。

住宅リノベーションが流行の中、リフォーム、リノベーション業者も増え続けています。
業者選びも大変な事と思います。
先ず、少しのリフォームに関してはどこの業者も大きく差は出ないかなとも思っております。大改修工事(リノベーション)住宅の骨組、下地部分迄も可変させたり等のリノベーション工事(再生工事)は大変な技術と経験が必要とされます。
木造に関しては抜いても良い柱、駄目な柱を見極めないと大変な事になりかねません。
建築に5年携わった、10年携わったで自負する営業マン、監督ではとても荷が重過ぎるのでは無いでしょうか

この15年程前から管理体制が今の様に良くなり構造体の資料等が残り始めています。逆にそれ以前の建物は構造体の梁の大きさや梁の向き等は設計でもなく大工さんが勝手に決めていたことも普通にありました。建築会社が大工さんに任せきりになっていたのです。大工さんの癖一つで構造体が決められていた現場は沢山あります。
事実、私も大工の小僧の頃に親方と一緒に梁の向き、大きさをベニヤの板に書き込み図板と呼ばれるものを作成しておりました。

今でこそプレカット屋が立派な図面を作ってくれますが昔は大工が汚い時でベニヤに書き込んでおりました。
もちろん保管されてはいない事と思います。
親方が『おっこんな大きさの梁いれとけば丈夫だな』の一声です。
今思うと・・いい加減な管理です。が普通に地元工務店は、それで工事が出来ていました。
リノベーション工事に関しては昔の大工さんの癖を読みながら見えない部分を想像する事が大切です。
本当にそのリノベーション工事に間違えは無いのか?
答えはいずれ出る事だと思います。

ito-proでは世間が『リノベーション』と騒ぐ前からリノベーションを得意とし、お客様に沢山の依頼を頂いておりました。
リノベーションでお困りの方は是非ito-proへお問い合わせ下さい。

以下最近のリノベーション事例です。 築25年程の建物を一部増築でのリノベーション工事です。

IMG_4758

IMG_4757IMG_4756

IMG_4755

住宅のリノベーションは是非ito-pro迄お問い合わせ下さい。

株式会社ito-pro
代表取締役 伊藤昌悟

安い仕上げ材でセンス良く リノベーション

安城市でリノベーションを得意としております。
リノベーションの価格は結構かかってしまいますね。
安くって思っても、中々希望予算に合わすのは大変です。

実際、「じゃー安いクロスにする」って言ったところで、いくらも下がりません。

本気で価格を下げたいと思うなら考え方を変えなければいけません。
それは、施工側も同じ事です。
施工側も固定観念を振り払って、安い材料で、普段表に出さない材料でおしゃれに魅せる。普段は隠れてしまう材料を表面に使う。
その提案こそ技術です。

以下、写真はベニヤを床材として仕上げにつかいました。

リノベーション現場

安い材料をおしゃれに魅せる

リノベーション現場

普段は隠れてしまうベニヤでも表装材で工夫すれば良く魅せれます。

写真の様にまさかベニヤ(ラワン合板)を床材に・・・って考える方も勇気がいりますが受け入れるお客様も凄いですね。

ベニヤの出荷元に半分でカットを依頼し少しカット料金がかかってしまいますが、安いフローリングよりも安く仕上がります。
塗装はもちろん必要です。

私にはまだまだ沢山のネタが詰まっております。
ただ、受け入れてくれるお客様を待つだけです。お金をかけて仕上げる事は見た目も良くなるかもしれませんがオリジナリティーが欲しいですね。
予算が足りなくて、困った時は是非相談下さい。
きっと良い提案をお出し出来る事と思います。

株式会社 ito-pro
代表取締役 伊藤昌悟

中古住宅 リフォーム リノベーション

ito-pro伊藤でございます。
中古住宅リフォーム、リノベーション工事が増えています。
私自身、高校卒業後大工として技術を身に付け小僧のころからリフォーム、リノベーションは当たり前のように携わってきました。
リフォームとリノベーションの違い?
一言で表すのは難しいですが・・・大きく含めればリノベーションもリフォームです。
リノベーションとは再生を意味します。

古い木造住宅も再生は可能です。
今後、日本の政府は中古住宅に補助金をバラまくのではないかと私も思っております。
中古住宅のリフォーム、リノベーションに大手リフォーム会社や大手住宅メーカーも飛びついてくるはずです。
リフォーム、リノベーションをなめるな!って大手に言ってやりたいです。
古い木造住宅を大手の営業マン達に何がわかる?
ベテランの大工さんですら補強の仕方や柱の良し悪しを見分けることが難しい事も珍しくありません。

抜けない柱を勝手に抜く約束をお客様にするな!
「お客さんに話しちゃったから」「出来るって言っちゃった」「今更お客さんに無理って言えない」
そんな泣き事を大工さんに言ったって無理です。
木造のリフォーム、リノベーションをなめるなってこの事です。
たかが5年営業で建築覚えた?10年営業で建築覚えた?
古い木造住宅は、見えない事だらけ・・・20年大工やってても「はっ?」って思う作りの住宅は普通にあります。

中古住宅のリフォーム、リノベーションは何十年監督業をやってても難しい仕事です。
プレカットで仕事を覚えた10年大工さんでもわからない事だらけです。
私たちの様に手作業にて柱、梁を削り、仕掛けを細工した大工達の領域です。
中古住宅リフォーム、リノベーションに大手が入り込む領域ではありません。

このブログを目にした方はお知り合いの方、友達、兄弟が古い木造住宅のリフォーム、リノベーショんを考えたなら是非、私のブログを見せて頂きたいものです。本当の住宅リフォーム業界は営業マンの立ち入る領域では無いことと気づいて欲しいです。

株式会社 ito-pro
代表取締役 伊藤昌悟

大工 松本 聡 自己紹介

はじめまして 松本 聡(さとる)です。
 
よく、さとしって言われるので、あえて…かなをふってみましたww

私は九州の長崎県の佐世保っていうとこの出身で、高校卒業後2年くらい地元で木造大工の見習いとして、働いていました。
 私が大工になったきっかけは、ほんと単純なもので、高校時代、たまたま親の知り合いから紹介されてアルバイトしたのが大工で、
まだ大工がどういうものかわからない私に、簡単な作業でも丁寧に教えてくれたのがきっかけです。….ほんと単純でしょ…(苦笑)

 それからというもの大工にめっきり染まってしまって、大工の歴史を調べてしまったり・・・
そんな事に没頭してたので、今でもはっきりいって大工馬鹿です。
 
 性格なんですかね~ハマってしまったら、とことん!! ってな感じで、さらに世の中を見たくなり、九州を飛び出して、いざ関西へ!!と思ったら、
どういうわけか愛知に着陸…..関西通り過ぎてしまいました。ww
 
 予定では、2~3年で帰るつもりでしたが、そんなそんな…おもしろすぎて未だに愛知に残ってしまっています。。
 
 自由奔放で生きてきた私が、宛ても無しに独立してしまった私の行動が・・・インターネット!! とりあえず 「リフォーム 安城市」みたいに検索すると、
 ん??ito-pro??怪しい・・なにやらオシャレなデザインのホームページで、ついついふらふらっと覗いてみると、すごく熱い社長のブログでした。

情熱的で、ついつい感動して涙を流しながら、私はあなたと仕事がしたい!!進化した建築 大工をもっと増やそうじゃないか!!っということで、社長にお願いをし、
 現在、お客様の笑顔 自分自身の進化の為に日々汗を流しております。。

きっかけは、ともあれ・・・ito-pro 伊藤さんと意気投合してしまい今日まで何とか現役大工!
が・・・最近では、伊藤さんに「営業もするか??」と聞かれ「俺、やってみたい!」って意気ってしまい、とにかく勉強です。

伊藤さんとの共通する思い・・・「大工が勝つ」時代を作りたいですね~。
伊藤さんが言う「伊藤、松本で愛知県制覇!」は話がでか過ぎって笑ってますが・・・目標は高く持ちたいですね~。

お客様一人一人に真っ直ぐ誠実にアドバイス出来たらって心より思っております。

大工 松本 聡

だから下請け業は嫌だ

ito-pro伊藤でございます。

10年前私自身、26歳の時一人親方で大工として地元工務店や大手メーカー等の下請け業を大工としてやっておりました。
営業の勝手な判断で出来ない事を出来るとか・・・監督と営業との仲が悪く尻拭いは大工。。
「その工事の工法・・・絶対に駄目だよ。責任取れないよ」って言っても「営業がお客さんに話してしまって今更、変更できない」って事ばかり・・・
案の定・・・仕事にクレームが付・・・やり直しは大工。。
結局、私が提案した工法でのやりかえ・・・馬鹿みたい。。
こんな事から下請け業にうんざりでした。

正直、最近は下請け業をやっていませんでした。
が・・・協力業者さん達がたまに頼まれてくる大工工事は、私に「伊藤さんこんな仕事あるけどやってくれる?」って聞いてくれます。
そんな仕事は、もちろん喜んで!

今、解体業者さんからも解体で切り離した家の外壁の補修等の仕事を依頼されていました。
解体屋さんも大手ハウスメーカーの下請けで・・・解体を受注し・・・切り離した家の外部、内部の補修を私に・・・
大手ハウスメーカーさんの業者(大工さん)では、切り離した家の修理、補修ができません。
大手メーカーさんでは、大工として働いていても・・・そのメーカーの建物の内装しか出来ない大工さんって沢山います。

彼らさえしっかりとしていれば、その解体後の補修工事は私に回ってきませんが・・・
今も解体屋さんの依頼の現場・・・ハウスメーカーの下請けの下請け・・・
つまり孫受けです。
孫受けにito-pro??
私の見積に・・・解体業者さんが手数料をのせる事は理解できます。。
が・・・その見積に対してハウスメーカーさんは、がっつりと利益をのせています。びっくりするくらいの・・・
手数料から・・・利益・・・
気づくと驚く金額です。
実際の金額は知りませんが・・・お客様が怒っています。
現場に行き・・工事打ち合わせをするとお客様が何かにつけて私に安くする方法ない??って聞いてきています。
私は答える事ができません。
辛いです。詐欺、ボッタクリに手を貸す事なのか??

なぜ、孫受けの私が大工だけでなく、クロス業者、板金業者、瓦業者を手配するのか??
元請から分割で発注でなく・・・孫受けの私なの??

お客様がお金に対して神経質になっています。
気づいて欲しいです。
私自身、元請業が本職なのに
いつもお客様に直接提出金額に大手さんがガッツリ利益をのせています。

現場でハウスメーカーさんの営業、監督がお客様ともめています??
なぜ・・・下請けの解体業者さんに怒るのですか?
私にも怒るのですか?
営業さん、監督さんが適当な事をしているのでお客様ともめているのではないのでは??

私自身、ボッタクリに手を貸す事に悩んでいます。
にこにことお客様とお話ができたらいいのに・・・
大手さんは「お客と直接話すな!」って・・・
私だってお宅の利益がバンバンのったお客様・・・気がひけて話せません。。
まっすぐ目が見れません。

こんな世の中の仕組みが嫌ですね~。

だから下請け業は嫌いです。

株式会社 ito-pro
代表取締役 伊藤昌悟

2012年の東北での活動

ito-pro伊藤でございます。

震災から一年と半年が過ぎてしまいました。
皆さんは3.11の事が頭から離れてしまっていませんか?
私が宮城へ行くと言うと何しに?って聞かれる事がたびたびあります。
私が宮城に金儲けを目的に行くって思っている方もいるかもしれません。思われても気にしませんが…

私自身の東北での活動はの辛さ私にしかわからない事だと思っております。
愛知の会社を犠牲にしてしまい正直社員にも迷惑をかけてしまったのは私自身自覚しております。
私のわがままで、ある日突然に宮城に行くから仕事の引継ぎを無理に押し付け…
1年間ほぼ不在にしてしまった事…
で…1年経った今は、またまた私のわがままで私と交代で宮城に行かしてしまった事・・・(現在進行中)
社員のご家族にもご迷惑をおかけしてしまっている事を申し訳なく思っております。

今年の東北での活動
気仙沼市元吉町にての集会所の再建、建設をNPO団体に協力し・・・建設工事を請けさせていただきました。
工事は、材料費のみのボランティアでの再建・・・どころか・・・資金不足の為に持ち出しでの工事…今では良い思い出ですが…

1年間の活動をこなした私に被災者の方からの依頼
1年間携わった方から・・・流された土地、本宅のあった場所にドッグランカフェの建設を私にやってもらわないと意味がないまで言って頂き・・・ボランティアではなく有料でカフェを作ってほしいと!
それがアンタヘの恩返しと言われて・・・断る理由も無し。
もちろん引き受け現在進行中です。
現在工事じたいito-proの監督が常駐し建設中です。私も月に数日ほど宮城へ大工をこなしに行っております。

せっかくの宮城での活動です。社会的に意義のある建物をつくり、生涯の思い出、経験、自慢に出来たらって強く思います。

もうしばらくこの活動も続きますが・・・・
めげずにがんばりたいですね~。
遊びや金目当ての活動ではありませんから~。。
あっ・・・私のわがままですが(笑)
応援よろしくお願いいたします。

株式会社ito-pro
代表取締役 伊藤昌悟

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

株式会社ito-pro
愛知県知事許可(般-22)第57860号
〒446-0064 愛知県安城市弁天町5番2号
TEL.
0120-35-4109 0566-91-6834 E-mail:contact@ito-pro.com

安城の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


各種新装やリフォームやリノベーション(再生)を専門とする安城の会社です。プロスキルを活かしたご提案をしています。お気軽にお問合せください。

安城 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.