■サイトマップ

『住宅相談会』カテゴリーの投稿一覧

新築 注文住宅を作るなら

ito-pro 代表の伊藤でございます。
本日3月3日 岡崎市で新築工事も完成前とありバタバタと・・・
昨日、お客様に洗面所に棚が欲しいと言われていた棚を作成しておりました。

倉庫作業で今日は体のあちこちが痛む( ノД`)
で、本日は設置です。
サービスで作った棚ですが良い感じですよね。

洗面の棚

洗面の棚

引き出しまで取り付けて、それなりに形になりました。
サービスならお客様も喜んでくれる事でしょうね (´∀`)

弊社も造作家具が得意な工務店とウタっているのに、肝心な代表者が何も出来ないじゃいけませんね。今後も頑張ります!

ito-proの新築工事では沢山の造作家具を作ってまいりました。また造作家具がついての価格でも他社には負けておりません。
せっかくの新築住宅で造作家具はつきものです。
大工で作る家具ならリーズナブルに作ることが出来ます。家具職人、木工業者に作ってもらうと倍くらいの価格になってしまいます。
施工図面だけ大工さんに書いてあげれば現場作業で作製することが出来ます。
造作家具を好む方は是非、ito-pro迄お問合せ下さい。

マンションリノベーション

マンションリノベーション

家作りが今と昔で変わった事に気が付いていますか

ito-pro 代表の伊藤でございます。

寒い日が続きますね。 現代の日本の家作りが夏向きの家から冬向きの家に時代が変わってしまった事を気づいている人はいるのだろうか?

20年程前に私も大工として修行を積みました。その当時家の作りは大手メーカーは冬向きに家を作り出しておられました。で、地元の大工さん達は時代に遅れながら家を夏向きに作っておりました。

当時、私も小僧時代に家を夏向きに作る側の小僧でしたが一気に冬向きへと発想が変わっていく事に違和感がありましたが・・・寒い家は嫌だし暖かい家がいいな~程度に考えておりました。
ついこの前迄、親方達は『冬寒い、体に厳しい健康住宅』 なんて冗談をいいながら家を作り・・・柱が蒸れると腐るから少しくらい風があたらないと・・・木は呼吸が必要って言っていたのにも関わらず、冬向きの家は気が付くと密封を始めました。時には壁、天井共にビニールシートを貼ってからボードを貼る事も・・・思いっきり家をラッピングしだしたのです。

その頃 平成15年に 突然の建築の法令・・・24時間換気を付けなさいと
また接着剤、化学物質の問題で新建材にホルムアルデヒド制限、化学物質制限がされました。F☆☆☆☆の表示のついた新建材しか使ってはいけないと・・・大工が使っている木工用ボンドまで元請け建築会社から調べられました。
訳もわからず緊急の法令に建築業界は慌てて動いていた事を今になって感じます。

家の気密化、冬向きの家に欠点が見つかりました。気密しすぎて病気になってしまう人が急増したのです。政府が慌ててとった対策です。
内装建材等に化学物質制限と24時間換気の義務化・・・
矛盾を感じますが家を冬向きに暖かくして換気扇で排出しろと・・・
訳がわかりません。
気密化が進んだ影響で、結露住宅の増加、シックハウス患者の増加、昔になかった病気の患者が非常に増えています。アトピー、カビアレルギーが・・・
私の子供の頃に聞かなかった病気が出来ています。
家を冬向きに作り出した事が新たな病気の患者が増えてしまったんだなと感じています。

以上の問題に気が付いた一人の長野県の大工さんが思いつき、作った家が夏と冬で衣替え出来る家・・・
気が付くと、その大工さんに賛同して大きな規模へと・・・
国の法律に跡を残す様な事までのぼりつめ、認めさせ、認可をもらっても・・・未だに今までの家作りが間違いだったと大手メーカーも政府も発表しない事に苛立ちを覚えます。

発表したら大変な事になる事くらいわかりますが未だに病気の患者が増えている現実に2020年に向けて家の省エネ化をすすめている日本です。
シックハウス対策の改善と『今までの25年間家作りを間違っていました』の発表をしないと大変な事に近づいています。今以上に家を気密させてシックハウス患者が増えてからシックハウス対策を練るって目に見えて先が見えてしまいます。
先進国ドイツも今の日本人は今後、もっと沢山のシックハウス患者が増える事でしょうと言っています。
先ずは病気対策を取ってから気密化にすすめて欲しいと思います。

大手家具量販店の安い家具には大量の科学物質が入っているのに・・・建築の内装材には制限が
おもちゃ、プラスチック製品、衣服等にも大量の科学物質が含まれているのに・・・気密化で共存させて病気になるのを黙ってみている事に嫌気がさしますね。

長野県の大工さんが気が付いた住宅の作り方を認めて認可をおろしたにも関わらず、大手メーカーの建物の批判になってしまう事が怖いのか
徐々にゆっくり以前の消費者に気づかれない様に家作りを変えていこうとしている様にしか感じられません。

この時代に生きる日本人にとって今すぐ家作りを変えて欲しいと思う。
株式会社ito-pro 代表取締役 伊藤昌悟

WB工法 安城市
WB工法 岡崎市
WB工法 刈谷市

リフォーム 安城市
安城市 リフォーム会社
リフォーム 岡崎市
リフォーム 刈谷市

新築受注棟数の制限をしている理由

ito-pro伊藤でございます。
弊社は新築受注棟数に制限を設けています。皆様に良く言われてしまう事が『もったいないよね』『儲けるつもりが無いの』等々
散々と言われてしまいますが、勿論こちらにだって考えもあります。
新築受注棟数に制限をつけていない建築屋さんがほとんどです。増えたらラッキー程度に考えておられる様ですね。
営業マンも歩合の為にひたすら数を欲しがる。
ito-pro、弊社での考え、理想はスタッフが目先の自分の利益の為に動く様になってしまってはお客様の為にならないのと、社員の人間性をお金で崩したくないのと・・・
やはり、常日頃の常連さんやご紹介のお客様を大切にしたいと思っています。

少ないスタッフ数でリピーターを増やす為にも新築住宅には制限が必要と考えております。新築住宅は年間10棟の着手以下で打ち切りにしております。
待ってもらうか、他で建ててもらうかの選択にはなってしまいますが・・・下手に受注して、常連さんに迷惑をかけてしまう事だけは避けたいと思っております。

年々、リピーターの方々も増えております。
今年は社員も1人増えました。社員を増やすときも非常に見極めが大切です。
人間性を一番に考えないとお客様に迷惑をかけてしまう恐れがあります。
ただ単に仕事が出来ればいいとは思いません。人間性を重視して社員を増やしているつもりです。

毎年、沢山のリフォーム、リノベーション、新築工事、修理工事等を受注しております。ご紹介のお客様での受注が90% インターネット、その他での受注が10%程度です。増え続けるリピーターのお客様を大切にしたいと日々努力しております。

株式会社ito-pro
代表取締役 伊藤昌悟
0120-35-4109

安城市 リフォーム
リフォーム安城市
リフォーム刈谷市
刈谷市リフォーム
岡崎市リフォーム
リフォーム岡崎市

安城市 デザイン設計 設計事務所 建築家

安城市 デザイン設計 設計事務所 建築家は安城市のin.tec.s-design(インテックスデザイン)へ

株式会社ito-pro並びに一級建築士事務所in.tec.s-design(インテックスデザイン)の代表の伊藤と申します。
in.tec.s-design(インテックスデザイン)では所長の中根和彦の経験でよりよいご提案をお客様にご提案させて頂きます。
注文住宅、リフォーム、リノベーションにつきまして素敵なご提案が出来る事と思います。
ホームページ、ブログでご紹介している他にも沢山の事例をご用意しております。

また、in.tec.s-designの中根は岡崎市の住宅の耐震診断員のボランティアもしており、弊社でも住宅の耐震診断が的確に出来る事を強みにしております。

せっかくの住宅をリノベーションする際には耐震診断も必要ですね。是非、弊社にご相談下さい。
弊社は工務店と設計事務所を兼ねております。

デザイン性、構造、技術を備えている工務店、設計事務所です。
代表の伊藤もエネルギーエージェントとして断熱提案、断熱リフォームを得意としております。
エネルギー計算はもちろん大工の経験を活かしたご提案を的確にお客様にアドバイスさせて頂きます。

2020年に住宅のエネルギーの法律も変わります。
デザイン、構造、エネルギーを求められる時代へ入ります。全てを兼ね備えた工務店へご依頼下さい。
リフォームでもエネルギーに関して沢山の国からの助成金等も出てくると思われる時代です。エネルギーエージェント資格、一級建築士資格、耐震診断資格等を兼ね備えたito-pro、in.tec.s-design是非ご相談下さい。

10月18日土曜日は三河総合住宅展2016

10月18日土曜日は住宅展

10月18日土曜日は住宅展

10月18日土曜日は岡崎中央総合公園で住宅展が開催され、ito-proは10時から13時の枠を頂きました事をご報告です。

是非、遊びに来てください。

2016年度 新築工事着手の受付は終了しました。

ito-pro 代表の伊藤でございます。

誠に勝手ながら2016年度の新築着手物件の受付を5月31日をもって終了させて頂きました。
尚、2017年度着手物件は、まだ受付させて頂いておりますので、どうぞお気軽にお声をかけて頂けると幸いです。

弊社は年間新築着手物件を10棟迄と設定させて頂いております。
多くのお客様よりご紹介を頂いており、今後も沢山のお客様に対して誠意を持って家作りをさせて頂く為にも数を絞る事にさせて頂いております。

職人さん不足の時代に、良い職人だけでの施工を目指すにあたり、年間着工棟数にも限りをつけさせて頂きました。
弊社の目指す家作りは品質、アフターメンテナンス、人と人とのつながりを大切にしていきたいと日々努力させて頂いております。

2017年での着手の空き状況も後日発表させて頂きますが毎年と同様で数に限りがあり、多くはありません。お早めにお声をかけて頂ければ幸いです。

以上ではありますが今後もito-proをどうぞ宜しくお願い致します。

株式会社ito-pro
代表取締役 伊藤昌悟

※リフォーム、リノベーション工事に関しましては受付に空きはあります。

デザイン住宅を坪単価50万に抑えるのも技術です。

ito-pro伊藤でございます。
デザイン住宅を坪単価50万に抑える事も技術です。

デザイン、高性能を求め坪70万以上お金をかけている方々、また望めば望むほどお金もかかり、金銭感覚が壊れていませんか?
工務店を決め、その後打ち合わせを進めて行く次第に追加金額を値交渉もせずに気づけば坪70万とか?
増えれば、増えた様に工務店の利益も増えています。

私自身、沢山の注文住宅に携わり今に辿りつき安く家を建てるだけではお客様は満足してくれません。
高性能でデザイン性の高い住宅を手ごろな価格で購入し、またこちらの一生懸命な誠意が伝わればお客様は喜んでくれます。
造る側の私達も喜んで頂く事が一番の目的です。
お客様は坪単価を気にし過ぎですが・・・だからこそ、こちら工務店側は坪単価を意識し、建物のデザインと性能を坪単価で納得して頂く仕事をするのが技術ではないか?
40坪を超えた建物で坪50万は常に意識しております。

写真 2
写真 3
写真 4

坪50万でも以上の様な造作家具や中庭、テーブルを造作する事も可能です。

ただ単にお金をかけた事に満足しないで、自分のお金をどの様に活用されたのかも考えて頂く事も大切ではないのか?
ただ単に営業マンの歩合だったり、会社の膨大な利益率だったり、またまた下請け業者の笑いの止まらない相場外れの発注金額。。
一歩前を見ながら荒い流せば、必ず満足な価格、相場にて住宅は出来るのではないかな?って思います。

工務店としてデザイン性を求め高性能な家が坪単価50万で家を作る事も技術だと思っております。

株式会社 ito-pro
伊藤昌悟

新築完成現場 お披露目です。11月23、24日(予約制)

安城市にて新築完成現場をお披露目させて頂きたいと思います。

完全予約制ですが「ito-proが造る家」の完成お披露目会を11月23日と24日の2日間のみどなたでもお見せする事が出来ます。

今回の安城市の物件に関して、お客様のセンスも良くこだわりも強く私自身もしっかり身を費やした完成現場です。

是非見て頂きたいポイントは造作家具、間取り、仕上げです。

ito-proのイメージで?ito-proさんは無垢の現場?とイメージをつけている方々も見える様ですが・・・
実にシンプルでモダンな家の作品です。

私なりに完成度が高く他社には真似出来ないコストパフォーマンスの物件だと感じております。

是非、この機会に見学に訪れてはみませんか?

お問い合わせ、ご予約は下記ご連絡先までお願いいたします。(一日の見学出来る組数を限定しております)

0120-35-4109
masa@ito-pro.com

安城市 毎週土日は住宅相談会(無料)

株式会社ito-pro代表の伊藤でございます。

安城市 株式会社ito-proでは毎週土日に住宅相談会を実施しております。(無料)
完全予約制となっておりますが安城事務所にて承っております。
建て替え、土地購入後のプラン相談、住宅ローン相談等住宅に関するご相談会を毎週土日にて行っております。

相談内容はお客様により色々な内容です。
最近多い内容は、ハウスメーカーとの金額の折り合いのつかないためのご相談や他社で建てる予定でしたが・・・質問に対しての営業マンの答えが納得いかずに本物のプロの意見が聞きたいとの相談、借入金額の本当の安全ラインを聞かせて欲しいとの相談、リフォーム、リノベーションの為のプランニング相談等様々です。
本当の事ってお金が絡むと教えてくれないプロの方々もいます。
が仕方がないのか・・・利益との駆け引きの為なのか・・・(残念ですが)
平気でお客様に3500万以上もの住宅ローンを貸りさせてしまったり・・・
またまた、決算セールの言葉を使い高い物を安く感じさせてしまったりとか・・・
キャンペーン中?って・・・笑ってしまいます。住宅はキャンペーンで買うものではありませんから。。信頼で買っていただきたいですね~。

私、伊藤の相談会は毎週土日で行っております。私自身は金曜日定休日とさせて頂いております。
どのような内容でも構いません。もちろん、無料にて行っております。
しつこい営業は一切しておりません。無理やりに個人情報を書いて頂く事もありません。
突然の訪問等は一切しておりません。お客様からのお声を頂き初めて訪問とさせて頂いております。
いいものを見れば感じればお客様の方から私に依頼をしてくるって私は常に構えて待っております。

しつこい営業の方々は建物に自信がないのでは?
売る方には携わり、施工に携わっておらずに自分の在籍する会社の建物に自身が持てなかったり、下請けの職人さんの技術を知らなかったり。。
とにかく適当に自分の会社の大工は腕がいいって適当に言ってしまうのもよくありがちです。

確かにお客様に良く聞かれます。
「大工さんの腕は??」って・・・私は答えます。「私が大工をしながら選んだ大工さんしかいません」って・・・
腕はもちろん当たり前、人柄や気遣いの方が大切な時もあります。嘘をついての工事は最悪です。

頑固なラーメン屋?いくら美味くても店が汚かったり、愛嬌が悪かったり、サービスが悪ければお客様は減ります。
大工や工務店も一緒です。腕が良ければ全て良しとはいきません。
現場の掃除も大切ですし、お客様への気遣い、サービスも大切です。
以上を踏まえ家を建てる会社を決めて頂けたらと思っております。

毎週土日は住宅相談会
ご予約は最低2週間前には頂きたいですがタイミング次第ではキャンセル空きもありますので、一度ご検討の上ご連絡お待ちしております。

0120-35-4109 受付時間 平日AM10:00~PM6:00 土日AM10:00~PM3:00

株式会社 ito-pro(イトープロ) 代表取締役 伊藤昌悟(イトウマサノリ)

建て替え 新築 住宅ローン相談

伊藤でございます。

建て替えや新築での相談のお客様が増えております。

住宅ローンを抱えるにあたり、一体自分にどれくらいの住宅ローンが相応しいのか・・・またまたどれくらいまでなら支払い可能なのか?
家は、どこのメーカー?工務店で建てるのが良いのか?

が・・・相談される建築屋は良い事ばかりを並べてしまう為にお客様は誰を信じてどこを信じれば良いのかもわからなくなっている方がほとんどです。
「え~い・・・運命や」で選んでしまってる方がほとんのようですね~。

私はよく話しておりますが・・・住宅ローンは無理しない!ローンを払いながらも貯金の出来る資金計画が必要です。
夢を買うのも良いけど、老後の現実はお金が必要です。
家を建てるときには夢も大切ですが現実とのバランスを考えて借入をしましょう。
お客様の家族構成やご主人の収入、退職してから80歳迄生きてどのくらいのお金があれば生活できるのか?が大切だと思います。

えげつない営業マンにそそのかされて、年収400万の方が3400万のローン、またまた若い夫婦が営業マンにそそのかされて夫婦でMAXの住宅ローンを借りてしまう現実・・・
そこに導いてしまう営業マンの方々は目先の歩合の給料しかありません。
貸してくれる=返せるお金と勘違いしてしまう?返せるお金とそそのかされてしまう。。
そんな住宅の売り方は嫌ですね~。腹が立ちます。

無謀に借りてしまおうとする方々を引き止めるのが私達の役目なのに、無謀に借りてしまうお客様をしめしめと見ている建築側の人間がいる現実です。

確かに夢は見ても良いですが、現実とのバランスを考えていきたいですね~。

家を建てるにあたり間違いの無い資金計画を一度受けてはみませんか?
ito-proからのファイナンシャルプランナーの方が資金計画を・・・お客様側に立ち導いてくれるはずです。

家を建てるのは他社でも構いません。間違いの無い資金計画、無料相談会を今後、完全予約制で定期的に行うつもりでおります。
もし、お興味のある方はお問い合わせ下さい。

0120-35-4109 担当:伊藤 昌悟
masa@ito-pro.com

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

株式会社ito-pro
愛知県知事許可(般-22)第57860号
〒446-0064 愛知県安城市弁天町5番2号
TEL.
0120-35-4109 0566-91-6834 E-mail:contact@ito-pro.com

安城の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


各種新装やリフォームやリノベーション(再生)を専門とする安城の会社です。プロスキルを活かしたご提案をしています。お気軽にお問合せください。

安城 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.