■サイトマップ

2012年6月の投稿一覧

欠陥住宅 見てしまいました。続き

安城ito-pro伊藤でございます。
以前私が書いたブログ「欠陥住宅 見てしまいました。」
のブログが意外にも結構見られており・・・好評につき・・・続きも書き込む事にさせて頂きます。

その後・・・
私がH建設さんに二度のメールをしましたが・・・やっぱり私自身とはコンタクトは避けられてしまいましたが・・・2度目のメールの際に建築紛争協会に提出させて頂きます!とのメールで慌ててお客様に連絡がありました。
専門業者を連れての訪問で・・・業者に見させましたがやっぱり私達に非がありますとは言ってもらえなかったそうです。
同じ建築業者として恥ずかしく思います。
「自分の携わった仕事に対して責任がないのか?」
ただ・・・そよ風に揺られているコーキングだけは・・・後日少しだけ直させてくださいねーと言いながら帰ったそうでした。。
施工に非が無い!って言い切ったのに・・・やっぱり少し直させてって言っているってわかっているのでしょうか??
施工に非が無ければ、わざわざ日を改めて道具持って出直しますか?
同業者が見れば100人中100人が「あっ!?まずいやろ!?」ってな言葉が出てしまう仕事です。

本日平成24年6月29日に・・・気がかりになり様子を見に行ってきました。外から除いてみると本当に少しだけ直した形跡が・・・
でも、本当に多少です。
直さなければいけない箇所山ほどあるのに・・・あえて少し目立ってひどい箇所を1m程コーキングの打ち変えがしてあっただけでありました。

お客様も人柄の良い人で・・・強く言えない方です。
良い人が損をする世の中に腹が立ちますね。

が少し直したという事で・・・建築紛争協会の提出は無駄になってしまいそうなので・・・私も悩んでおります。

このブログを書いた事により・・・先日も問い合わせの電話で・・・「私の家欠陥住宅じゃない?」「見に来て」との問い合わせもあり・・・私も正直こんな事はボランティアの一環としてやっているのでそちら方面のついでで伺うって形にさせてのお願いをしたが・・・
「早く見て」「心配で精神的におかしくなりそう」って言われ・・・
言い方が悪いですが私も無償でガソリン使い、時間使い見に行ってしまいました。。私の性格は・・・自分でも嫌いです(泣)頼まれると断れない・・・(泣)
が・・・その方の家を見せて頂き・・・びっくりしたのが・・・H建設さんの建売でした。。(笑)
その家自体私の目から判断すると・・・今の現状に欠陥はみられませんとはっきり伝え・・・気にされている箇所は、職人さんの技術は正直最悪ですが欠陥ではありませんよって伝えさせて頂きました。
「上手いか下手か」って聞かれると「かなり下手だね」って程度です。
でも欠陥ではありません!構造に問題はありませんって伝えるとお客様はニコッと笑い・・・
少し安心出来たよって言って頂きました。

まー私のガソリン、時間を使い一人でも安心して笑ってくれる方が増えれば・・・ボランティアでもまっいいっか~(v^ー°)

が・・・このブログを読まれた方・・・
今後私に・・・見てって言うのはお願いですからやめて下さい。。
(・ω・` )
お金ももらえる仕事で無いので・・・ito-proもつぶれてしまいます(笑)
私・・・直接誠意をもって頼まれると断れないので・・・(泣)
こんな事スタッフにも押し付けれないし・・・
体は一つなので・・・お願いします。

他で有料で判断してくれる会社もございますので・・・
欠陥住宅の問い合わせは他社でお願いします。。。

欠陥住宅の相談は是非他社でよろしくお願い致します!(笑)

株式会社ito-pro
代表取締役 伊藤昌悟

安城伊藤のfacebookページ 

facebookページ 安城伊藤

ito-pro伊藤でございます。
安城リフォームのfacebookページを開設させて頂きました。
友達申請よろしくお願い致します。

リフォームの着工中の現場等をガンガン更新していきたいと思います。

よろしくお願い致します。

http://www.facebook.com/anjyou.riform

株式会社ito-pro
代表取締役 伊藤昌悟

ボランティア ito-pro活動の足跡

ito-pro伊藤でございます。
23年3月11日以降ボランティア活動を持続させて頂いております。

やるからにはとことんやってしまう私・・・

石巻市で知り合ったNPO法人アプカスさんと息投合してしまい・・・
「とことんボランティア」を追求した結果が気仙沼市本吉町津谷大沢地区の集会所の建設でした。
もちろん・・・ボランティアと言いながらお金をもらうのではなく・・・体を費やし、多少の資金も投入させて頂きました。
社会的に意義のある活動に心動かされ…とことんボランティアの形を残せたきがします。

本吉町の皆さんに支えられて地元住民と一緒に建物が残せた事に感謝です。

基礎工事も地元住民と一緒にスコップで土を掘り、デザイン設計の斉藤力さんと私二人での基礎コンクリートの生コン打ちなど・・・思いでが沢山の建物です。

アプカスさんに活動に来ていただいた、大学生ボランティアの皆さん。
アプカスさんを急遽中心と引っ張ってくれた即席リーダー堀池さん。。本当に感謝しております。

このプロジェクトにに携われただけで本当に幸せに思います。

また、この活動、プロジェクトに相棒とし一緒に尽くした設計の斉藤先生には頭がさがります。

プロジェクトの途中から私の代打で交代したito-proの監督、伊藤修一さんには単身赴任で出張して頂き工事をひっぱって頂いて感謝しております。

いい物が残せました。

設計、デザイン・・・斉藤力アトリエ 
施工・・・㈱ito-pro

ボランティア代表・・・黒川健二
大工ボランティア・・・岸本 篤

以上皆さん本当にお疲れ様でした。。

株式会社ito-pro
代表取締役 伊藤昌悟

碧南市 WB工法上棟式

ito-pro伊藤でございます。
碧南市WB工法現場状況を報告させて頂きます。

基礎工事後に土台を敷いた状態の写真です。

碧南市通気断熱WB工法
基礎はベタ基礎工法です。
土台材料はヒバ材を使用させて頂いております。
ito-proでは土台にヒバ材を使う理由と言うのは私、伊藤のこだわりです。

最近の住宅で土台材に使われる材料としまして何種類かあります。
桧、ツガ注入土台(ボリデン)、ヒバ材、ヒバ集成材
大手工務店や低価格住宅で使われているのがツガ注入土台でございます。
私が使わない理由としまして・・・防虫の薬を注入してありますが実際に白蟻に食べられているのをこの目で確認した事がある為です。確かに価格は魅力がありますが、健康にも良くない薬の注入がされている為・・・使いたくはないですねー。
桧の土台
桧の土台を私が使わない理由としましては、公庫の仕様書には白蟻の薬もしなくても良いとされておりますが実際に白蟻はしっかり食べる材料です。が・・・木の中心部分は綺麗に残されています。
材としましては桧は暴れやすい(動きやすい)材料です。
ヒバ材を使う理由は・・・ヒバ材の土台であまり白蟻に食べられている現場を見たことがありません。
私も18歳のころから沢山の古い家のリフォームに携わってきましたが、ヒバ、栗の土台は40年、50年木の形がそのまま綺麗な状態を保っている事が確認できているからです。

碧南市WB工法
上棟式当日の写真です。
かわいい息子さん2人は大喜び!僕の部屋は?って何度も何度も質問です、(笑)

碧南市 通気断熱WB工法

株式会社 ito-pro
代表取締役 伊藤昌悟

▲Pagetop

お問い合わせはこちら

株式会社ito-pro
愛知県知事許可(般-22)第57860号
〒446-0064 愛知県安城市弁天町5番2号
TEL.
0120-35-4109 0566-91-6834 E-mail:contact@ito-pro.com

安城の皆さま、リフォームの事は何でもお気軽にお問合せください。


各種新装やリフォームやリノベーション(再生)を専門とする安城の会社です。プロスキルを活かしたご提案をしています。お気軽にお問合せください。

安城 リフォーム Renove Network All Rights Reserved.